AWS構成図をCacooに自動で挿入する新機能をリリースしました!

CacooでAWS構成図を作成されてるみなさまに朗報です!この度、AWSの構成図を自動でCacooに挿入する新機能をリリースしました。

本機能はAWSのアイコンを自動で配置するため、AWS構成図をより簡単に、よりスピーディに描画できます。

解決できる課題

  • 一からステンシルをCacooに置く必要がなくなります
    今回の機能で取得できるサービスは全てCacooのステンシルに対応した上で配置するので、そこから自由に各リソースを配置し直すことができます。
  • 現在のAWSの状況を把握できるのに役立ちます
    CacooのUI上で視覚化できるので現在のAWSの状況を把握しやすくなります。
  • AWSの構成図をチームで共有しやすくなります
    Cacooでは複数人の編集、閲覧ができます。自動で作成を行うことでチームでの共有がより簡単にできるようになります。
  • 定期的に視覚化することで差分を把握しやすくなります
    このAWS構成図の機能は常に空白のシートに描画されます。定期的に実行していただくことで、シートの切り替えで簡単に差分を把握できるようになります。

使用手順

実際に使用される際には以下の手順を実行してください。

  1. メニューから「AWS構成図」をクリックします。

 

  1. AWS構成図の機能に必要な権限を持ったIAMユーザーを登録します。

最初に表示されるダイアログの設定に記述されている権限を持ったIAMユーザーを作成・もしくは既存のIAMユーザーに権限を付与します。

(※AWS構成図を使うには、事前に権限を持ったIAMユーザーを登録する必要があります。
詳しくはこちらを参照ください。)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/id_users_create.html

  1. 必要な項目を入力する

先ほど作成したIAMユーザーのアクセスキー・リージョンを入力してください。
この機能では指定したリージョンの対象サービス(後述)全てのリソースを取得します。

また配置設定での「線をつける」では後述するルールで線をつなげることができます。
(※入力されたアクセスキーID、シークレットアクセスキーはCacoo内のデータベースをはじめ、いかなる箇所にも保存されません。)

  1. OKをクリックする

この機能ではテンプレートの追加のように、現在編集中のシートが空の場合はそのシートに、空でない場合は次のシートに挿入されます。

配置されるサービスについて

現在は以下のサービスを取得し配置します。(※取得するサービスの種類は今後変わることもあり、その都度必要とする権限が変わる可能性があります)

  • EC2
  • VPC
  • CloudFront
  • Availability Zone
  • Subnet
  • ELB
  • ElastiCache
  • RDS
  • S3
  • SNS
  • SQS

自動配置について

各リソースは上部にそのリソースに与えられている名前(サービス毎に名前としているものは違います。) 真ん中にサービスに対応するCacooのステンシル、下部にサービス名を記述しています。

また配置については線をつけるオプションを用意しています。その時々の使い方によって選べます。

親子関係について

VPC > Subnet > EC2のような親子関係として配置します。親と子は1対Nに対応するもののみ表現しています。

線について

配置設定には線をつけるオプションがあります。
線の繋がる条件は以下になります。

  • ELBからターゲットの各EC2インスタンス
  • CloudFrontからオリジンに設定されているELBやS3バケット
  • アクセスが許可されてるセキュリティグループ同士の全てのEC2インスタンス

リソースの位置関係について

各リソースは上記の親子関係を保ち配置します。線をつなげる際は同じ親子関係の階層であれば同じ長さの線を、違う階層であれば少し長い長さの線を引くことを考慮しつつ、各リソースが被らないように調整しています。
各リソースが被らないように調整はしていますが、線の長さとの兼ね合いで残念ながら被るケースもあります。

線を繋げない場合は親子関係を保ちながら格子状にレイアウトしていきます。左上から配置していきますが、順番等はサービスの種類を考慮していません。

リソースから線がつながる場合は線との位置関係の考慮するため格子状に配置されることはありません。

VPC, Subnet, EC2, ELB, CloudFront, ElastiCache, RDS以外のサービスは右下に配置されます。


以上が今回のリリースとなります。CacooではAWS構成図テンプレートなどを豊富に用意していますが、本機能をあわせて使うことで、AWS構成図をよりスピーディに作成し、チームに共有できます。

これを機会にCacooでAWS構成図をぜひ描画してみてください。また、豊富なテンプレート内容を以下のボタンからぜひご確認ください。

 

AWS構成図のテンプレートはこちら

AWS構成図に関連する記事はこちら:

オンライン コラボレーション作図ツール

200万ものユーザーがなぜ Cacoo を選んでいるのかご自身の目でお確かめください

無料トライアル